Nidbakh

Nidbakh

 

Nidbakh is a dense district on the outer edge of Mattanah City. The area sits on an archaeological dig site of past glorious civilizations, including a giant wall of striated strata.

The district presents itself as a refreshing oasis amid its arctic surroundings. Officials are proud of the city’s perfectly clean streets, and the luggage-shaped buildings gleam. Palm trees overshadow luxurious homes and numerous glitzy stores.

But the tyrannical tycoon Ikhavod Kaved rules over the area’s dullard constituents, oppressing them to the point of illness. A heavy undercurrent of anger, sadness and nostalgia permeates the place — to the point that gravity is stronger there.

  • Shoresh family: בדכ
  • Habitat: Medinat Alef, City
  • Tags: Heavy, Beauty, Wealthy

二ドバハの地区はマタナ市の外側に位置する、密集した地区です。この地域は、過去の栄光ある文明の遺跡が発掘された場所に建っており、その中には、褶曲した層から成る巨大な壁も含まれます。

周囲が極寒な中、この地区は、爽やかなオアシスのように現れます。街路は完全に清掃され、形状が荷物のような建物が輝いています。ヤシが高級住宅や多数の輝かしい店舗を陰にしています。

しかし、この地域の愚鈍な住民を支配する専制的な大富豪、イカボド・カヴェドは、彼らを病的なまでに抑圧しています。怒りと悲しみ、そして郷愁に満ちた強い下流の気配が漂っており、その場所で重力が強く感じられます。