Pencil Claws

Pencil Claws

The Pencil Claws may look like a sketchy weapon, but they’re still deadly in the right hands!

Young people often use this knuckle weapon for fighting practice since it’s cheap and simple to use. But specialists use a firm squeeze of the fingers to individually detach and release the pencils, which can cut up a target beyond the hand’s reach.

  • Type: Trigger (Range: Close)
  • Shoresh family: טפר
  • Region: Medinat Kaf
  • Effect: CRE+1R
  • Tags: Hand, Harm, Writing, Simple, Scatter, Art

鉛筆の爪は大ざっぱな武器のように見えるかもしれませんが、正しく使えば非常に強力です!

安価で使いやすいため、若者はこのナックルダスタを戦闘の練習によく使用します。 しかし、専門家は指を強く握って鉛筆を個別に取り外したり解放したりします。だから手の届く範囲を超えてターゲットを切り刻むことができます。

Ḥeleq Farm Estate

Heleq Farm Estate
INKTOBER DAY 31 (FARM): The Heleq Farm Estate is located near Medinat Kaf, along the windward side of Mt. Halaq.
The settlement used to be a popular place to get married. It’s also the secret birthplace of the Holy Tongue Society, and it’s where the young resistance group kept its war booty. However, the Bavel Macrostructure sent a plague of locusts to raid the site, and the regime burned down part of the farm during the conflict.
The land is now settled by boorish peasants and thieves. Nevertheless, the region’s harvest is still profitable. A shower irrigation system raises multiple crops, especially spelt and wheat. An orchard of slippery trees was planted behind the tall column silo. And a briny pond is home to saltwater fish.
  • Shoresh family: חלק
  • Habitat: Medinat Kaf, Field, Mountain, Saltwater, Stronghold
  • Tags: Marriage, Steal, Bug, Pasture, Agriculture, Tree

インクトーバー31日目(農場): へレク農場地所はメディナット・カフの近く、ハラク山の風上側にあります。

入植地はかつて結婚式の人気の場所でした。それは聖舌協会の秘密の発祥の地でもあり、若い抵抗グループが戦利品を保管していた場所でもあります。しかし、バベルマクロ構造はイナゴの大群を場所に送り込み、政権は紛争中に農場の一部を焼失しました。

土地は現在、野蛮な農民と泥棒によって定住しています。 それにもかかわらず、この地域の収穫は依然として有益です。 シャワー灌漑システムは、複数の作物、特にスペルト小麦と小麦を育てます。 背の高いサイロの後ろには、滑りやすい木の果樹園が植えられていました。 そして、海水池は海水魚の生息地です。

Happy Hunting Gear

Happy Hunting Gear

INKTOBER DAY 30 (GEAR): The Happy Hunting Gear aims to capture your heart while you capture your prey! Whether it’s fishing hooks and tackle; ammo; venison rations; bags; or nets — this joyful duffel bag contains all the equipment one needs to kill and survive in the rugged wilderness.

  • Shoresh family: דוצ
  • Region: Medinat Kaf, Medinat Tzade, Mountain, Forest, Town
  • Effect: DOM +1R, CRE +1R, PEA -1R, Survival +2R
  • Tags: Fishing, Hunting, Artifact, Happy, Food, Container

ンクトーバー 30 日目 (装備): 幸せな狩猟装備は、あなたが獲物を捕まえている間、あなたの心を捉えることを目的としています! 釣り針やタックル弾薬鹿肉の配給、袋、網 — この楽しいダッフルバッグには、険しい荒野で殺して生き残るために必要なすべての装備が含まれています。

Errant Tyrant

Errant Tyrant

INKTOBER DAY 29 (UH-OH): The Errant Tyrant is a brainy bad seed, but watch out for its temper!

This tyrant, wrapped in a lice-infested, camouflage pallium cloak, has one misconception on its mind — it thinks it’s a god-emperor. As a result, it wanders aimlessly, acts without decorum and demands idolatrous worship. When no one complies, the vacuum tube atop its head snuffs out. That signals an imminent, tearful outburst complete with random assaults. Take cover!

  • Shoresh family: טיע
  • Habitat: Medinat Kaf, Stronghold
  • Attributes: DOM 4R, VIG 3R, GRA 1R, CRE 2R, WIS 2R, PEA 0R, BLE 3R 
  • Tags: Abomination, Persecution, Mind, Plant, Hide, Mistake, Worship

インクトーバー 29 日目 (おっと): 間違った暴君は脳のような悪い種ですが、この敵の気性に気をつけてください!

この暴君は、シラミが付くカモフラージュのパリウムのマントに身を包んで、その心には 1 つの誤解があります:神皇帝だと思います。 その結果、あてもなくさまよい歩き、礼儀を欠いて行動し、偶像崇拝を要求します。 誰もは従わないと、暴君の頭の上の真空管が消えます。 これは、ランダムな攻撃を伴う差し迫った涙の爆発を示しています。 自分を隠して!

Moist Speedy Snack

Moist Speedy Snack

INKTOBER DAY 27 (SNACK): The Moist Speedy Snack is a fermented mix of beans, peas and seeds. These yellow, black and gray grains are quick finger food. But the muddy taste earns little applause from Avgad’s oppressed peoples, who can’t afford to eat anything else.

  • Shoresh family: חטפ
  • Region: Medinat Kaf
  • Effect: Test VIG or PEA for 1S. Success: Recover +1DN Liability
  • Tags: Food, Earth, Poverty, Wet, Seed, Consumable

インクトーバー 27 日目 (おやつ): しっとり速いおやつは、豆、エンドウ豆、種を発酵させたものです。 これらの黄色、黒、灰色の粒はすぐに食べられます。 しかし、他のものを食べる余裕のないアヴガドの抑圧された人々からは、濁った味はほとんど称賛されません。