Middle Child Shem ‘Etzem

Middle Child Shem 'Etzem looks for roots.

As the middle child of the Shem family, Shem ‘Etzem feared mediocrity. So he grew up to be an independent and headstrong son. And he always tried his best despite being hobbled by bone-related health issues.

While he loved to sleep in bed and read his favorite comic (the superhero cow Baqar Tov), his favorite activity was searching for shoresh roots with his father, Shem Peraṭi. Often, the two would go to Porṭan Mushroom Portal’s forest and intensely search for roots. ‘Etzem’s garlic scape hat not only hid his small ears, but it held his trusty Objective Lens. And on a lucky day, he’d find a גונ root, a multicolored mandrake with chameleonlike powers.

Middle Child Shem ‘Etzem mainly got his power from the מעץ shoresh family. That governs shuteye, beds, bones, middle, mediocrity, intensity, independence, effort, small ears, objectivity, compound lenses and cattle.

シェム家の真ん中の子供として、シェム・エツェムは平凡さを恐れていました。 それで彼は成長して独立した頭の強い息子になりました。 そして、彼骨に関連する康問題に悩まされていたにもかかわらずいつも最善を尽くしました

彼はベッドで寝てお気に入りの漫画(スーパーヒーローの牛バカル・トヴ)を読むのが好きでしたが、彼のお気に入りの活動は父親のシェム・ペラティと一緒にショレッシュ根を探すことでした。 多くの場合、2人はポータン・キノコ・ポータルの森に行き、根を徹底的に探しました。 エツェムのニンニクの花茎の帽子は、彼の小さな耳を隠しただけでなく、彼の信頼できる対物レンズを掛けました。 そして幸運な日に、彼はカメレオンのような力を持つ色とりどりのマンドレークであるגונの根を見つけました。